その他ICT関連

インプットにはKindleアプリがオススメな理由

スポンサーリンク

こんにちは。システム担当の父親KATSUです。

Excel歴20年、Access歴10年の社内SEです。

ブログ歴は1年半程度で、週1回のペースで新記事を投稿しています。


良質な記事を投稿するために不可欠なのが、Amazon電子書籍サービスのKindleです。

スマホやPCの端末の機種に関係なく、Kindleアプリを活用できます。

今回は、Kindleアプリの特長を簡単にまとめました。

この記事を書いている私は、ブログを始めた約1年半前から、Kindleを積極的に使っています。

  • Kindleアプリに興味はあるが、これまで一度も触ったことのない方
  • Kindleアプリをインストールしているが、ほとんど使っていない人

こういった人にkindleの良さを知ってもらい、使い始めるきっかけになれればと思います。

理由1-読める本の種類が豊富

Kindleはとにかく品揃えが充実しています。

他の電子書籍サービスと比べても圧倒的です。

小説・ビジネス書・専門書・コミック・雑誌など、書店で置かれているほとんどの本をKindleで購入できます。

また、Kindle版は本の書籍と比べても格安です。

ほとんどの商品が紙書籍の1~2割引きで購入することができます。

また、日替わりや月替わりのセールを活用すると、半額以下で本を購入することもできます。

無料本や99円セールなども要チェックですね。

Kindle本の日替わりセールをチェック

理由2-どこでも本を読める

従来の紙の本は、大きいサイズの本を外出先に持ち出すことはできません。

外に持ち出せるのは文庫本サイズまでで、他の手荷物のボリュームも気にしなければなりません。

一方、Kindle本は中身をデータとして携帯端末に収納できます。

i-PhoneにもKindleアプリをインストールできるので、文庫本一冊よりも保管スペースが小さくなります。

今の時代は、外出するのにスマホを持ち忘れるということはないですよね?

もし出勤途中にスマホを忘れたことに気付いた時は、遅刻覚悟で取りに帰る人も少なくないのではないでしょうか?

そんな「必ず外出先に持ち出すスマホ」の中に、何十冊もの読みたい本のデータを入れることができます。

本棚ごと外に持ち出せるようなものです。

そして、スキマ時間に本を読むことができます。

理由3-複数の端末間で本のデータを共有できる

Kindleアプリは、世の中に出回っているほとんどのOSで使うことができます。

  • i-OS(i-phoneやi-Padなど)
  • Android端末
  • WindowsPC
  • MAC
  • 専用のKindle端末
  • Linux

本当に上げたらキリがありません。

特に便利なのは、最大6つの端末間で一つのアカウントのデータを共有できるということです。

同じAmazonアカウントを端末に登録すれば、そのまま購入した本を読めます。

  • 小説やコミックはi-Phoneで
  • Excelの解説本はi-PADやWindows PCで

といった使い分けが可能になります。

実際に、私もi-Phone ・i-PAD ・Android・Windows PCなど、複数の端末間でデータを共有し、読みたい本によって使い分けています。

アプリにAmazonアカウントを登録すれば、すぐに購入した電子書籍をダウンロードできます。

したがって、機種変のデータ移行を心配する必要も全くありません。


更に、クラウド上でKindle本を読むこともできるのも便利です。
Kindleアプリをインストールしていない端末でも、ブラウザ上からKindle本を読めます。

理由4-無料サンプルで中身を確認できる

手軽に本を手に入れることができるKindleですが、ここまで記事を読んだ方は、

  • Kindle本にお金をかけすぎてしまうのでは
  • 中身を分からずに買って失敗してしまうのでは

という心配が頭をよぎっていませんか?

実は、Kindle本は無料サンプルをダウンロードできるようになっています。

本の中身全編ではありませんが、目次と序章程度の中身を確認できます

慣れてくると、目次を見るだけで本の中身が想像できるようになります。

「買ってみたけど、思っていたものとは違った」というミスマッチを減らせます。

更に、サンプル以外にも無料で読める本もKindleでは準備されています。

Kindleは無料で始められるので、一度Kindleストアでどのような本があるかチェックしてみましょう。

AmazonでKindle本の商品を見てみる

理由5-Kindle Unlimitedで読み放題

Kindleには、月額課金サービスの「Kindle Unlimited」というものがあります。

Kindle Unlimitedに登録されている本に限定されますが、毎月980円の課金で無料ダウンロードができます。

最大10冊までの制限がありますが、本を返せば新しい本をダウンロードできます。

つまり、図書館のようなサービスをKindleで受けることができます。

とにかく多くの本を読みたい方にはぴったりのサービスです。

Kindle Unlimitedの対象本をチェック

Kindleアプリのデメリットについて

ここで「本当にKindleアプリはいいことだらけなのか?デメリットはないの?」と感じませんでしたか?

Kindleアプリのデメリットにも触れておきます。

  • 飽きても売ったり人にあげることができない
  • 学会誌などの特殊な本はKindleでは売られていないことがある

メリットからデメリットを差し引いても、十分に利用価値が高いアプリだと思います。

ただし、本を購入する前には必ず「無料サンプルをダウンロード」して、本の内容を事前に確認しておくのが大事ですね。

まとめ

今回は、Kindleアプリがインプットにおすすめな理由について解説しました。

本記事で紹介しましたが、Kindleを上手に使うと「いつでもどこでも」気軽にインプットできます

ここまで記事を読んでくれた方は、Kindleアプリに興味が出てきたのではないでしょうか?

無料でKindleアプリをインストールして、無料の本を買って早速試してみましょう。

Andriod、Windows、MacOS向けアプリのダウンロードリンクを下に入れておきます。

iOS版はAppStoreからのダウンロードになります。

スポンサーリンク

-その他ICT関連