基本(Excel)

覚えておくと便利なエクセルのコピペ技10選(Excel2019版)

スポンサーリンク

こんにちは。システム担当の父親、KATSUです。エクセル歴20年、アクセス歴10年程度ですが、ブログはやっと20記事投稿した程度の初心者ですので、引き続き量産に努めていきます。


エクセルのコピペ(コピーアンドペースト)は、データや関数の再入力を最小限にする、とても便利な機能ですよね?

おそらく皆さんの作業の中でも、コピペの作業は上位を占めるのではないかと思います。

そんなコピペですが、正しい使い方が出来ていますか?

  • 表の書式がくずれる
  • 本来表示されるべきではない計算結果が表示される
  • 数式がエラー表示される

こんなことになってしまうとせっかくの便利なコピペ作業を後に、二度手間の作業が発生してしまいます。

今回は、コピペの上手な使い方について解説していきます。コピーは一種類の方法しかありませんので、いろいろな貼り付け方法について触れます。

この記事を読むことで、

  • エクセルにはいろいろなコピペがあることを知る
  • いろいろな場面でコピペを使い分けることができるようになる
  • データの消去や修正などの二度手間を無くす事が出来る
  • 今まで入力していた作業を一部コピペに置き換えることが出来る

といった効果を期待出来ます。

また、ここではエクセル2019について説明をします。他のバージョンについてはアイコンの位置が多少異なります。

エクセルはバージョンアップにより日々機能が追加されます。最新版のエクセルを使用していれば作業効率も上がります。たかがコピペですが、最新版エクセルはいろんなコピペが可能です。

いろんなコピペを試してみて、自分にあったものを探してみましょう。

エクセルのコピペ技1-普通の貼り付け

まずは普通の貼り付け作業から紹介します。

データをコピーします。

範囲を選択してコピー

違うセルに貼り付けます。

普通の貼付け作業

右クリックのメニューでは、一番左のアイコンになります。

普通の貼付けのアイコンの拡大

ショートカットキーは「ctrl」+「v」です。

表がそのまま貼付けられました。

表が貼り付けられた状態

最もコピペで使われる方法ですが、修正やデータ削除の二度手間が発生しやすくなります。

エクセルのコピペ技2-値のみの貼り付け

貼り付けメニューの左から2番目のアイコンになります。

「値の貼付け」のアイコン

値のみが貼付けられました。罫線やフォント、セルの塗りつぶしなどの書式は貼り付けられません。

値のみが貼り付けられた

コピー元のみかんの金額(E3セル)には、数式が入力されています。

コピー元の数式確認

貼付け先のみかんの金額(J3セル)を確認すると、数値に変換されました。

値のみ貼付け先の数式バー確認

関数による自動計算をさせずに、計算した結果や文字を貼り付けるのに向いています。

また、書式を貼り付けませんので、セルの色や罫線などの書式を崩さずに貼り付けることができます。

エクセルのコピペ技3-数式のみの貼り付け

数式のみを貼り付ける方法になります。アイコンは左から3番目になります。

数式の貼付けアイコン

貼付けを行うと、見た目は値を貼り付けた時と同じです。

貼付け先のみかんの金額(J3セル)を確認すると、今度は数式が貼り付けられています。

数式のみ貼付け先の数式バーを確認

エクセルのコピペ技4-書式のみの貼り付け

セルの色やフォント、罫線のみを貼り付けます。

書式のみの貼付けアイコン
書式のみが貼付けられた状態

数式や値は不要で、書式のみ活用したい場合には便利です。

エクセルのコピペ技5-行と列を入れ替える

縦と横の並びを変える貼り付け方法です。

右クリックメニューで左から4番目のアイコンになります。

行列入れ替えでの貼付けアイコン

データの行列が入れ替わった状態で貼り付けられました。

行と列が入れ替わった状態

横持ちにした表を、縦持ち式のデータテーブルに貼り付けたい時に重宝する方法です。

エクセルのコピペ技6-リンクの貼付け

コピー元をリンクで貼り付ける方法です。

リンクの貼付けアイコン

貼り付けると、見た目は値や数式と同じ状態で貼付けられますが、コピー元にリンクが張られます。

見出しの商品名の貼付け先であるG2セルには文字ではなく、B2へリンクされた状態になっています。

リンク貼付けの結果

エクセルのコピペ技7-加算、減算を行った張り付け

計算をしながら貼り付ける方法です。

C列の「3」はコピー元です。F列の数値に貼付けていきます。

加算貼付け前

コピーします。

貼付け先を選択した後に右クリックし、「形式を選択して貼り付け」を選択します

形式を選択して貼付けを選択

「加算」にチェックを入れます。

加算を選択

「OK」をクリックすると、貼付け元に3が加算された状態で貼付けられました。一番上のセルの「6」は3が足されて「9」になりました。

書式はコピー元が適用されています。

3が加算された状態

一定の数をまとめて計算したいときにはとても便利です。

「減算」を選択すると「6-3」で「3」になります。

「乗算」は「6×3」で「18」になります。

「除算」は「6÷3」で「2」になります。

この方法での貼り付けはコピー元の書式が反映されますので、修正する必要があります。

エクセルのコピペ技8-空白を無視する

貼付け時にコピー元の空白セルを無視することができます。

縦並びのデータが2列あります。左側の列をコピーして右側の列に貼り付けてみます。

左側の列の上から3つ目のセルにはデータがありません。右側には4つ全てにデータがあります。

空白を無視して貼り付ける前

右クリックして、「形式を選択して貼り付け」を選択します。

「空白を無視する」にチェックをいれて「OK」をクリックします。

空白セルを無視するにチェック

コピー元が空白の欄は無視して加算されました。

空白セルが無視された

エクセルのコピペ技9-入力規則のみを貼り付け

ここに入力規則(プルダウンリスト)が設定されています。

データは「りんご」が入力されています。

入力規則を貼り付ける前

セルを選択してコピーします。

下のセルを選択して「形式を選択して貼り付け」を選択した後に、「入力規則」を選択して「OK」をクリックします。

入力規則を選択

入力規則のみが貼付けられました。データは入力されていません。

入力規則のみが貼り付けられた

入力規則のみを貼り付けることができました。

この方法もコピー元の書式が反映されます。

エクセルのコピペ技10-画像で貼り付け

最後に、選択範囲を画像で貼り付ける方法を紹介します。

右クリックして「形式を選択して貼り付け」の横の「>」をクリックすると更にアイコンが表示されます。

一番下の右から2番目のアイコンを選択します。

画像貼付けのアイコン

画像で貼付けられました。

画像で貼り付けられた

マウスでドラッグして移動させることができます。

画像を動かした

縮小させることができます。

画像を縮小した

回転することもできました。

画像を回転させた

欄の中に表を挿入したい時には便利な方法です。

同じ方法でパワーポイントやワードに直接表を貼り付けることができます。

まとめ

このようにExcelにはいろいろなコピペの方法があります。

何を貼り付けたいのかをしっかり意識しておくと、手直し要らずのExcel操作が出来ます。

他にも、「ちょっと知っておくだけで便利」なExcelの使い方には、いろいろなものがあります。

「Excel最強の教科書」という本には、まさにそんな知っておいた方が良い「便利なExcelの使い方」がたくさん紹介されています。

本記事でも紹介したコピペ技はもちろん、表の作り方・関数・グラフ・データ分析など、広範囲にわたっています。

AmazonのExcel本カテゴリでも、ダントツのレビュー数になっているベストセラー本です。

そんな「Excel 最強の教科書」を読んだレビュー記事も書きましので、「どんな本なのかな?」って気になる方は一度こちらをご覧ください。


本日も最後までありがとうございました。

スポンサーリンク

-基本(Excel)